0592234511

ホーム > お知らせ
白やピンクの梅の花が整然と並んで鮮やかに咲いています。
2015年03月10日
  • カテゴリー:
  • お知らせ
ピンと伸びた枝には白やピンクの梅の花が整然と並んで鮮やかに咲いています。気温も緩み始め、季節は二十四節季の「啓蟄」(けいちつ)を迎えました(3月6日)。啓蟄の「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」という意味で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」という意味を表します。
皆様お変わりございませんでしょうか。いつもスマイルファクトリーの無農薬野菜をお求めいただき、誠にありがとうございます。畑からは冬野菜がそろそろ終わりを告げ、菜花やブロッコリーなどの春野菜がたくさん集まってきています。草木が新しく芽を吹き出す芽吹き時のこれからの季節は、私たちの体も冬仕様から夏仕様に変化して行く切り替わり時でもあります。自律神経の交感神経(興奮神経)が優位に立っていたものが、徐々に副交感神経(抑制神経、リラックス神経)優位へとシフトして行く時期でもありますから、体調管理には注意が必要です。特に女性はこの時期にホルモンバランスが崩れやすくなったりで、体調不良を訴える人が多くなると言われています。この季節に登場する菜花などビタミン・ミネラルが豊富で栄養価の高い季節の野菜をしっかり体に入れていただき、体調を整えていただきたいと思います。

「東日本大震災から4年」

今週は2011年に起きた東日本大震災から4周年を迎えます。マグニチュード9.0の大地震とその地震により発生した津波の犠牲になった人は、行方不明者も合わせて18,483人にもなります。さらに、福島県では、その地震と津波によって起きた福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染により、代々受け継いで住みなれた家には住めなくなって、避難生活を余儀なくさせられている人々が現在も15.4万人いると聞きます。
私たちが住む日本列島では、何時また地震が起きても不思議ではないという報道をよく耳にします。特に南海トラフを震源とする地震はかなり高い確率で発生が予測されています。ですから、ある意味において、地震の発生は覚悟して準備して置かなければいけない自然現象なのかも知れません。自然災害を前以て止めることや、予防することは出来ません。また、いつ起きるかは誰にも分かりませんから、起きた時に対処するしか方法はありません。ただ、黙って手をこまぬいて見ているだけでは智恵のない話なので、万が一に備えることは十分考える必要があります。被害を最小限に留める為の備えは積極的に行わなければならないと思います。
問題はそれよりも、地震と津波によって起きた原子力発電所の事故の方に目を向けなければいけないのではないでしょうか。
今現在、日本では稼働中の原子力発電所は一基もありません。その為、火力発電に頼らざるを得なければならないと言う訳で、燃料に使う化石燃料を輸入することが増え、貿易収支が赤字になっています。その為かどうか、現在の政権は原発再稼働に向けて着々と準備を進めています。
原発事故は起きないものだと誰もが思っていたと思います。しかし、起きてはならない事故が福島第一原発で起きてしまいました。それにより、生まれ育った故郷を追われ、未だに帰れないという人がたくさんいます。
また、現在の福島第一原発周辺では、放射能汚染の影響が今も続き、原子力事故による悲惨な状況から脱せない状態にあります。
避難生活者が15万にも及ぶ事実から目を背けてはいけないと思います。そして、どんな状況であっても、原子力発電をエネルギーの選択肢の一つに入れるべきではないのではないでしょうか。放射能汚染と言う人の命に重大な影響を及ぼす事故が起きたという事実を真摯に受け止め、二度と同じ過ちを繰り返さない勇気を、国民一人ひとりが持たなければいけないと思います。福島第一原発事故は余りにも多くの犠牲を生んでしまったということを深く反省する必要があると思います。
私たちスマイルファクトリーは「みんなが笑顔で暮らせるコミュニティー」を目指し、「未来の子どもたちのために。健康と環境を考えよう」をテーマに皆様と共に学び共に歩んで参りたいと考えています。今後とも温かいご声援とご指導のほどよろしくお願いいたします。