0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > インゲン
インゲンをもう少し詳しく
2016年11月2日
  • カテゴリー:
  • インゲン

インゲン

主な効用

三大要素の代謝を高めるビタミンB2は、疲れにくい体づくりに必須です。疲労回復効果の高いアスパラギン酸、野菜に少ない必須アミノ酸のリジンも含みます。
●疲労回復
●コレステロールの上昇抑制
●がん予防
●便秘の予防・改善
■調理と組み合わせのコツ
β-カロテンの吸収を高める油脂類と上手に組み合わせるのがポイントです。強い抗酸化パワーをもつたまねぎと合わせて、バター炒めやかき揚げにすれば、コレステロール値や血圧の上昇を抑える効果があります。そのほか、みそ汁の実、牛肉や豚肉などとの煮物やスープなどの料理にも適しています。おかずの定番「ごま和え」は、ビタミンEが豊富なごまとの組み合わせで、活性酸素の酸化作用を抑える力が増加します。美肌対策にも効果を発揮してくれる組み合わせです。
●主な栄養成分は、たんぱく質からビタミン、ミネラル、食物繊維まで、複数の栄養素を少量ずつではありますが、幅広くカバーしています。

保存方法

夏場は冷蔵庫で保存しますが、低温に弱く、すぐにしなびてしまうので、たくさんあるときは固めにゆでて冷凍保存するといいです。 
見分け方
●さやが細くて先までピンと伸び、表面に張りがあるものがいいです。
●豆のかたちが凹凸に出ているものは、育ちすぎで固くなっています。
夏バテに効くアスパラギン酸が元気の元に
年に3度収穫できることから関西では「三度豆」と呼ばれ、地方によって「五月ささげ」中国では「菜豆」「四季豆」などの呼び名があります。
豆類に特徴的なたんぱく質のほか、β-カロテンやビタミンB1・B2・B6・C、ミネラル類、食物繊維を含みます。β-カロテンはがんや動脈硬化の予防などが期待できるほか、夏にダメージを受けやすい皮膚や毛髪の健康維持にも効果を発揮します。
たんぱく質、脂質、炭水化物の三大栄養素のエネルギー代謝を助けるビタミンB2も比較的多いので、エネルギーの消費が増えるこの時期のスタミナ供給源として、積極的に摂りたい野菜のひとつです。
栄養素のほかには、疲労回復の効果をもち、美肌づくりにも有効とされるアスパラギン酸や、必須アミノ酸のリジンを含んでいます。
■まとめ
いんげんには必須アミノ酸やエネルギーの代謝を助ける効果がありますので、美容、ダイエットの味方になると思います。
調理方法はさまざまあり、お肉を巻いて焼いたり、定番のごま和えにしたり、天ぷらにしたりと色々活用できます。値段も手頃なことが多いのでちょっと一品たしたいなって時でもさっと用意できる野菜だと思います。