0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > さつまいも
さつまいもの栄養・調理法をもっと詳しく
2016年11月3日
  • カテゴリー:
  • さつまいも

さつまいも

主な効用

ビタミンCが多く、Eとともに生活習慣病を予防する抗酸化力を発揮します。食物繊維を含み、便秘の予防にも効果があります。
●がん予防
●老化の抑制
●便秘の予防・改善
●糖尿病の予防
■調理と組み合わせのコツ
さつまいもに多いビタミンCやカリウムは水溶性で、他の野菜では調理時に損失しやすいですが、いも類ではあまり失われないのが特徴です。そのまま食べるなら焼き芋や蒸しいもにしたいですね。油で揚げても栄養の損失を抑えられますが、カロリー過多になりやすいので、ダイエット中は避けた方がいいです。風邪予防には、β-カロテンとビタミンB2が豊富なブロッコリーとの食べ合わせがおすすめです。

下ごしらえ・調理のコツ

■上品な口当たりの煮物には皮を厚めにむいて使う
さつまいもは皮つきのまま料理できますが、中の実の部分だけを煮物などにする場合は、皮の内側にある黒いスジまで厚めにむくのがポイントです。スジの入る深さは品種によって変わりますが、皮の内側数ミリのところに入っている事が多いです。また、品種によって見えないこともあります。さつまいもは比較的アクが強いので、量をたくさん切る時は、切ったそばから水に入れていくと、変色を防ぐことができます。
1 甘さをより引き出す方法
甘さ抜群に仕上げるコツは、ゆっくり低温で加熱してでんぷん糖に変えることです。高温で短時間で加熱しても甘みが出てこないので、弱火でじっくり火を通します。電子レンジ加熱や蒸す場合も同様で、低温でじっくり加熱すると美味しく仕上がります。
2 皮を厚めにむいたらおやつに
さつまいもは、皮の内側に黒いスジがあるので、中の実の部分だけ使う場合は、このスジのところまで厚めに皮をむくといいです。皮は揚げていただきましょう。
①皮の内側にあるスジを見つけ、厚めにむく。
②油で揚げて、砂糖をまぶす。

美容と健康にうれしいビタミンの宝庫

江戸時代に薩摩国から栽培が広まったさつまいもは、ほっくりとした甘みが身上。赤紫の皮と黄色い果肉をもつ「紅あずま」や「鳴門金時」から、白肉種の「黄金千貫」まで、さまざまな人気品種があります。
紫色の品種の紫色はアントシアニンで、ポリフェノールの一種です。抗酸化作用があり、がんの予防などに効果があります。
主成分は炭水化物で、エネルギー源となる成分はでんぷんですが、甘味成分のショ糖も含まれます。腸をキレイに掃除する食物繊維も。肌に張りや艶を与え、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンC、細胞の老化を防ぐビタミンEが多く、女性の美容に効果を発揮します。
高血圧の予防に役立つカリウムも豊富です。食物繊維には、腸で水を吸って膨らむ水溶性食物繊維も多いため、満腹感を感じやすく、ダイエット中のおやつにも適します。
■まとめ
昔から栄養満点のおやつなどで食べられてきたさつまいも。油で調理するとカロリー過多になるので、ダイエット中の人は蒸し芋にするなどしておやつがわりにすることをおすすめします。ブロッコリーとの相性もすごくいいので、これからの季節シチューの具として両方入れると効率よく栄養を摂れる食事になりますね。またさつまいもご飯も人気メニューの1つです。