0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > 切干大根
切り干し大根をもう少し詳しく
2016年11月7日
  • カテゴリー:
  • 切干大根

切り干し大根

主な効用

豊富なミネラルが血行不良や高血圧症の改善、骨の強化など、効能も幅広い領域をカバーします。温熱作用があり、冷え性対策にも有効とされます。
●整腸作用
●高血圧の予防・改善
●コレステロールの上昇抑制
●疲労回復
■調理と組み合わせのコツ
生のだいこんにはない風味をもち、食物繊維の供給源となる優れた食品です。調理する前に必要な分だけ水で洗い、たっぷりの水に20〜30分間浸けて戻します。みそ汁の具にしたり、ねぎと切り干し大根の卵焼きも美味しいです。油揚げとの含め煮は、切り干し大根の味が引き立つ料理です。たんぱく質や脂質が補われて栄養高価も高まります。

主な栄養分

ビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラル、食物繊維が豊富で、甘味成分も凝縮されているので、少量でも栄養価は高いです。
食べ方のヒント
■きんぴらや五目煮に
だいこんの葉と一緒にきんぴらにしたり、れんこんや油揚げ、にんじん、こんにゃくなどと五目煮にしても美味しいです。
見分け方
秋から冬にかけて天日干しにするため、春頃になると色が黄色く変色してしまうことがあります。
保存方法
変色は水洗いで再び白くなりますが、変色を防ぐなら冷蔵庫での保存がおすすめです。かさが少なく、場所も取らないので、切らずに常備しておくと便利です。

カルシウムは生のだいこんを大幅にしのぐ含有量

日本古来の保存食で、千切り大根を天日干し、乾燥させたものです。生のだいこんの水分がとんだ分だけ、ぎゅっと濃縮された旨味や甘味が味わえ、カリウムやカルシウム、鉄などの栄養素が比較的に多くなります。
多く含有するカリウムは、体内から過剰なナトリウムの一部を排出する働きがあるので、血圧の予防に効果が期待できます。食物繊維も多く含まれており、腸を掃除する働きもあります。
ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、パントテン酸などのビタミンB群も豊富です。それぞれ脂質や炭水化物、たんぱく質の代謝を促進する作用をもつことから、コレステロールの上昇を抑え、生活習慣病を予防する働きが期待できます。疲れにくい体質づくりにも、大いに役立ってくれそうです。