0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > りんご
りんごをもう少し詳しく
2016年11月7日
  • カテゴリー:
  • りんご

りんご

主な効用

ポリフェノール成分が果肉と皮の両方に含まれています。生活習慣病予防のほか、疲労を緩和し、肌のトラブルを改善する働きもあります。
●老化の抑制
●便秘の予防・改善
●コレステロールの上昇抑制
●がん予防
■調理と組み合わせのコツ
皮の赤い色素はポリフェノールの一種のアントシアニンで、抗酸化作用があります。皮も一緒に食べれば、活性酸素の働きを抑えて、老化の抑制やがん予防に効果があります。加熱すると、また独特の旨味が加わり、調理法次第ではペクチンやポリフェノールを含む皮の部分を一緒に摂れるメリットもあります。芯をくり抜いて、そのままオーブン焼きにする焼きりんごにしたり、ミキサーで砕いて果肉と一緒にりんごジャムに加えるなど、皮も捨てずに食べる工夫をしたいですね。

主な栄養分

水溶性の食物繊維のペクチンが多く、生活習慣病の予防に役立つリンゴ酸、クエン酸、ポリフェノールなどの成分がぎっしりです。
見分け方
①皮に張りと艶があり、実がよくしまっているもの。
②赤味が尻の部分まで回ったら、完熟のサインです。

保存方法
温度差に弱いので、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保存してください。エチレンガスを発生するため、他の果物と一緒に袋に入れると、傷ませてしまうことがあるので要注意です。

多種類の有機酸が美容と健康をバックアップ

りんごの甘味成分は果糖やブドウ糖などの糖分で、どちらも吸収されやすく、素早くエネルギーに代謝される成分です。栄養素では、体内の過剰なナトリウムを排出する効果のあるカリウムが多く含まれます。
りんごの産地の多くは寒い地方であるにもかかわらず、その地方に高血圧の人が少ないというデータがありますが、これもりんごのカリウムが関係しているといえそうです。
酸味を構成しているクエン酸、リンゴ酸、酒石酸などの有機酸は、いずれも活性酸素の除去に役立ちます。また疲労回復効果を高めてくれます。
水溶性食物繊維のペクチンにも富み、血糖値や血中コレステロールの上昇を防いで糖尿病を予防したり、便秘を改善し老廃物の排泄をするなどさまざまな効果が期待できます。