0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > ハタケシメジ
はたけしめじレシピ②
2016年11月13日
  • カテゴリー:
  • ハタケシメジ

はたけしめじ

チキンときのこのホイル焼き

材料(4人分)
●鶏むね肉2枚
●生しいたけ4枚
●しめじ1パック
●A(酒小さじ1 塩小さじ1/2 こしょう少量)
●玉ねぎ1/2個
●焼き肉のたれ(市販品)大さじ4

作り方

①鶏むね肉は大きめのそぎ切りにし、Aで下味をつける。
②しいたけは石づきを取って4つ割、しめじは石づきを取って小房に分ける。玉ねぎは1㎝厚さに切る。
③大きく切ったアルミホイルを4枚用意。玉ねぎを1/4量ずつ敷き、①、しいたけ、しめじを1/4量ずつ順にのせ、焼き肉のたれを大さじ1杯ずつかけてきっちりと包み、オーブントースターで15分ほど焼く。

はたけしめじレシピ①
2016年11月13日
  • カテゴリー:
  • ハタケシメジ

はたけしめじ

豆腐とはたけしめじのクリーミーグラタン

材料(4人分)
●絹ごし豆腐2丁
●しめじ2パック
●ベーコン6枚
●バター20g
●A(マヨネーズ大さじ4 粉チーズ大さじ10 塩、こしょう各適量)
●ピザ用チーズ適量

作り方

①しめじは石づきを取ってほぐし、ベーコンは1㎝幅に切る。
②耐熱容器に①を入れてバターをのせ、ラップをかけて電子レンジで30秒加熱する。
③ボウルに豆腐、Aを入れて豆腐をつぶしながらよく混ぜる。②を加えてさらに混ぜ、耐熱容器に入れてピザ用チーズをのせ、オーブントースターで5〜10分焼く。

はたけしめじをもう少し詳しく
2016年11月7日
  • カテゴリー:
  • ハタケシメジ

はたけしめじ

主な効用

充実した栄養分により、さまざまな効用をもつ。鉄が豊富なため、夏バテ対策にもうってつけです。
●がん予防
●貧血の予防・改善
●血行促進
●丈夫な骨の形成
■調理と組み合わせのコツ
β-カロテン、ビタミンC・Eの組み合わせは、細胞を若返らせ、老化を抑えるための「アンチエイジング」トリオです。空芯菜には、このいずれもが含まれていますが、ビタミンEの豊富なごま油を使って炒めることで、相乗効果はさらにアップします。吸収されにくい野菜の非ヘム鉄は、肉に含まれている動物性たんぱく質を一緒に摂ることで、吸収率がアップします。貧血に悩む人は、赤身肉などを上手に組み合わせましょう。
●主な栄養成分は、β-カロテンは4,300μg。ビタミンB1・B2・C・Eに加えてカリウムや鉄などのミネラルも多く、栄養価値は高いです。

保存方法

2〜3日なら保存袋に入れて冷蔵庫で保存できます。
水に触れると変色するため、水分をよく除いてからしまってください。 
見分け方
●みずみずしい緑色をしていて、しなびていないもの、茎の切り口に変色がないものを選ぶと良いです。
栄養満点の野菜で夏バテを一掃
中国やタイの家庭料理でよく使われる緑黄色野菜です。「えんさい」「ようさい」ともいいます。
「空芯菜」の名前は、茎の中心が空洞になっていることからついたもので、シャキシャキした歯ごたえが特徴です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維とその他の栄養成分をまんべんなく含んでいますが、特にβ-カロテンの量は、ほうれん草を超える豊富さです。
抗酸化性をさらに高めるビタミンEの含有量も多く、ビタミンCとのコンビでストレス、肌のトラブル、夏バテなど、活性酸素の害から体を守ります。健康と美容の維持に必要な栄養素を一皿の料理でしっかり摂れるのが嬉しいところです。
また、中国野菜全般に共通する特徴として、カリウムやマンガン、鉄などのミネラルが多く、高血圧の改善や骨粗しょう症の予防効果も期待できます。
■まとめ
栄養面でもごま油と相性が良いですが、味の方もごま油や中華料理によくあう野菜だと思います。老化を抑える栄養素もあるため、美容のためにもたくさん食べたい野菜ですね。

ハタケシメジ
2016年04月7日
  • カテゴリー:
  • ハタケシメジ

ハタケシメジ
「匂いまつたけ味しめじ」といわれるしめじの中でも、一番美味しいといわれています。
一般に出回っているブナシメジよりも1本1本が大きいので、鍋物や、焼き物グラタンやシチューなどでも美味しく、見栄えのよい料理が作れます。

品種特性

大きく、美しく、形のよいブラウン色の傘と、シャキシャキした食感が人気。菌糸の発生が遅く、高湿度が要求されるため人工栽培は難しいとされてきたが、現在では各地で栽培技術が確立されつつある。
栄養面では、動脈硬化や細胞の老化防止の働きが期待されるビタミンB2が、可食部100g中0,49mgと多く含まれる。また、皮膚や粘膜の健康維持を助けるパンとテン酸が2,48mgと非常に多い。
■販売のポイント
粒が大きく、食べ応えがあることから、鍋物をはじめ、天ぷら、炒め物、丼物、汁の実など、様々な用途に向く。洋風では、ベーコンとポテトとグラタンにしたり、マリネに。また、中華では、マーボー豆腐にするレシピも紹介されている。
■POPの例
◎ほんしめじに近い味わいを楽しんで
◎鍋物にもしっかり存在感を発揮します