0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > ツルムラサキ
ツルムラサキレシピ②
2016年11月21日
  • カテゴリー:
  • ツルムラサキ

ツルムラサキ

ツルムラサキと豚肉のオイスターソース炒め

材料
●ツルムラサキ1束
●豚こま肉100g
●A(オイスターソース小さじ1 醤油小さじ1/2 酒小さじ1 鶏ガラスープの素小さじ1/2)
●塩、こしょう各少々

作り方

①ツルムラサキは4㎝の長さに切る。豚肉は一口大に切る。
②熱したフライパンにごま油をひき、豚肉を炒める。火が通ったらツルムラサキを加えさっと炒める。
③Aを入れ強火で炒める。塩、こしょうで味を調える。


ツルムラサキレシピ①
2016年11月21日
  • カテゴリー:
  • ツルムラサキ

ツルムラサキ

ツルムラサキのおひたし

材料(2人分)
●ツルムラサキ1束
●A(だし汁60cc 濃口しょうゆ大さじ1 みりん大さじ1)

作り方

①ツルムラサキはたっぷりのお湯で茹で、水にとって粗熱をとる。水けをしぼって3㎝の長さに切る。
②Aを混ぜ合わせ①を入れ混ぜる。
③1時間〜半日くらい置いて味をなじませる。


ツルムラサキをもっと詳しく
2016年11月2日
  • カテゴリー:
  • ツルムラサキ

ツルムラサキ

主な効用

ほうれん草の約3倍に相当するカルシウムは、ビタミンKとともに骨や歯を丈夫にする働きがあります。ビタミンCの美容効果にも期待されています。
●骨粗しょう症の予防
●風邪や感染症の予防
●疲労回復
●高血圧の予防・改善
■調理と組み合わせのコツ
さっとゆでておひたしに、そのまま青菜炒めに、衣をつけて天ぷらにと、さまざまな調理方が楽しめます。β-カロテンの吸収を高めるなら、オリーブオイルやごま油でさっと炒めて塩味をつけたり、天ぷらにするなど、油を使った料理にするといいです。独特のぬめりが苦手な人には、一度ゆでてから、調理するのがオススメです。ビタミンCには鉄の吸収をよくする働きがあるので、レバーと組み合わせれば、貧血対策にも有効です。
●主な栄養成分は、β-カロテン、ビタミンC・E・Kなどのビタミン群のほか、マグネシウム、リン、鉄などのミネラルもたっぷりです。

保存方法

保存は冷蔵庫の野菜室が基本ですが、寝かせてしまうと鮮度が落ちやすいため、立てて保存すると良いです。
湿らせたキッチンペーパーなどで根元を巻き、ポリ袋に入れてしまうと、より長持ちします。 
見分け方
●茎が太く、葉がしっかりと茎に付いている
●茎葉ともに厚みと艶があるものを選ぶ
濃い緑色の葉にビタミンやミネラルがぎっしり
中国南部から東南アジアにかけて栽培されている緑黄色野菜です。艶のある茎と肉厚な葉をもち、加熱すると軽いぬめりが生まれます。
β-カロテンをはじめ、ビタミンC・Eや、カリウム、カルシウムなどのミネラルが非常に豊富です。
β-カロテンそれ自体が、強い抗酸化作用でがんや細胞の老化を防いでくれるほか、体内で必要な量だけビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健やかに保ちます。
つるむらさきは、ビタミンA・C・Eなどの抗酸化ビタミンが含まれており、肌のシミをなくして艶と潤いを与えるなど、美容面でも高い効果が期待できそうです。
また、葉酸には正常な赤血球の生成をサポートするとともに、近年では、認知症の予防にも効果があるとされています。
■まとめ
美容面での効果がとても期待されるツルムラサキ。特に女性におすすめしたいです。前まではあまり知られていなかったのですが、近年は美容の面でも健康の面でも注目されてきています。

ツルムラサキ
2016年10月17日
  • カテゴリー:
  • ツルムラサキ

ツルムラサキ
つるむらさきは、カルシウムやビタミンが栄養が豊富なつる性野菜。
カルシウムは緑黄色野菜の代表ホウレンソウのなんと3倍!
少し湯がいてお浸しにすると粘りが出ておいしいですよ。

品種特性

高温多湿を好む一年生の植物。寒さには極めて弱い。
葉が緑色で茎が黄緑色。白花のものと、茎や花が紫紅色のものがある。つる性で夏の日除けや観賞用にもなる。
藩種は4月下旬~7月中旬。つるが1m以上になったとき、つる先を15~20cmに切って収穫。以降、霜が降りるまで収穫できる。出荷用には分枝力の強さを生かした摘芯栽培が適し、草丈25cm以上になれば、下葉を5~6枚残して主枝を摘み採り、以降次々に伸びてくる腋芽を、葉2枚残して順次収穫する。
■販売のポイント
調理方法は、葉をゆで過ぎないように、熱湯でさっとゆでて、冷水に浸し放ってから食べる。
酢じょうゆ、からしじょうゆで食べるほか、油炒め、ごま和え、鍋物、汁の実、生葉を天ぷらに。
■POPのポイント
◎ニンニク炒めで個性ある香りと食感を楽しんで
◎茎→葉の順で加熱するとおいしさを味わえます