0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > 小松菜
小松菜レシピ②
2016年11月21日
  • カテゴリー:
  • 小松菜

小松菜

小松菜と厚揚げの煮物

材料(2人分)
●小松菜300g
●厚揚げ1枚
●だし2カップ
●A(酒大さじ1 みりん、薄口しょうゆ各大さじ2)

作り方

①小松菜は根元に十文字の切り込みを入れ、長さ4等分する。
②厚揚げは熱湯でさっとゆでて油抜きし、ざるに上げる。縦半分に切り、1㎝厚さに切る。
③なべにだしを煮立ててAを加え、厚揚げを入れて煮る。煮立ったらふたをして中火で4〜5分煮、小松菜を加えてまぜ、さらに3〜4分煮る。


小松菜レシピ①
2016年11月21日
  • カテゴリー:
  • 小松菜

小松菜

小松菜と豚肉のオイスターソース炒め

材料(4人分)
●小松菜1束
●豚肉50g
●ネギ2本
●塩少々
●赤唐辛子の小口切り1本分
●にんにくのすりおろし1かけ分
●オイスターソース大さじ1 1/2杯
●サラダ油大さじ3杯

作り方

①小松菜は塩を加えた熱湯でかためにゆでて水にとり、水けをしぼって4㎝長さに切る。
②豚肉は細切り、ねぎは斜め薄切りにする。
③フライパンにサラダ油を熱し、ネギををゆっくり炒め、しんなりしたら肉、赤唐辛子、にんにくの順に加えて炒め合わせる。
④オイスターソースで調味し、小松菜を加えてさっと混ぜる。

小松菜の栄養と調理方法をもっと詳しく
2016年11月2日
  • カテゴリー:
  • 小松菜

小松菜

主な効用

ビタミンAの効力が、目や皮膚の健康をサポートします。カルシウムや鉄が豊富なので、骨粗しょう症や貧血など、婦人病全般の協力な助っ人になります。
●骨粗しょう症の予防
●貧血の予防・改善
●がん予防
●皮膚・粘膜の保護
■調理と組み合わせのコツ
β-カロテンは油と一緒に摂ると吸収率が高まります。ほうれん草と違い、こまつな自体のアクが少なくクセもないので、下ゆでせずにそのままごま油などで炒めても、美味しく頂けます。おひたしにする場合は、ビタミンCが失われないよう、ゆでる時間を極力短くした方がいいです。こまつなに油揚げを加えた煮浸しは味もよく、より効率的にビタミンやミネラルを摂取できます。そのほか、みそ汁や雑煮などの具として使うのも良いです。

下ごしらえ・調理のコツ

■下ゆで不要・油を使って調理して
ほうれん草と違いアクが少ないので、下ゆでせずに調理が可能です。ただ根元部分に土がたまりやすいので、洗う際にはよくチェックして下さい。独特の食感と色を楽しむには、強火で手早く炒めるといいです。シャキシャキ食感を楽しむ事ができます。味にクセがないので、炒め物、おひたし、みそ汁など、幅広い用途で利用できます。油やたんぱく質と相性がいいので、ジャコと合わせて炒め物にするのがおすすめです。
1 生のまま調理する
アクが少ないので下ゆでせず、生のまま調理できるのが嬉しいところです。使う前には茎をよく洗って下さい。そのまま油と炒めたり、和え物にしても美味しいです。さまざまな味付けで楽しんでください。
2 油でカロテンの吸収率アップ
こまつなは油と一緒に調理する事で、カロテンの吸収率を高める事ができます。加熱調理により、ビタミンCが失われてしまうので、加熱のしすぎに注意しましょう。
3 ジャコの和え物
こまつなを適度なサイズに切り、油を少々入れたフライパンでジャコと一緒に炒めます。たんぱく質が豊富なジャコと炒める事で、栄養のバランスもさらにアップします。
竹串がスッと通ったら完成です。

カルシウムはほうれん草の4倍、女性に嬉しい野菜

江戸時代以降に東京の小松川地区で栽培され、その地名から「小松菜」の名前がついたと言われています。
寒さに強い緑黄色野菜のひとつで、体内に吸収されるとビタミンAに変わるβ-カロテンを豊富に含むほか、ミネラル類も多く、とりわけカルシウムの豊富なことがよく知られています。鉄分についても同様で、一般に鉄分が多いことで知られるほうれん草とほぼ同等です。
体内で変化したビタミンAは、主に目や皮膚、粘膜全般の機能を健やかに保つほか、免疫力の低下で風邪をひいたり、皮膚が乾燥したりといった症状から守ってくれます。
カルシウムや鉄分は、血液や骨の形成に欠かせない栄養素。女性に多いことから「婦人病」ともいわれる貧血や骨粗しょう症を予防するためにも、たっぷり食べたい野菜です。
■まとめ
寒くなってきて風邪をひいたり、肌が乾燥したりする人にぴったりな野菜だと思います。たくさん食べて冬を元気にすごして頂きたいです。値段も手頃なので頻繁に活用できるところも嬉しいところですね。煮浸しなどはもちろんなのですが、さっと炒めてチャーハンにもおすすめです。

小松菜
2016年04月7日
  • カテゴリー:
  • 小松菜

小松菜
白菜と並ぶ代表的な冬野菜。鍋物などにいれるほか、中華料理などの炒め物にも。
おひたしや、みそ汁などにもどうぞ。
ビタミンや、鉄、カルシウムなども多く含んでて栄養価も高いです。

流通と商品知識

作府面積=5,840ha(20年産、以下同じ)
収穫量=95,000t
出荷量=79,600t
主産地=①埼玉(17,2%)②東京(9,5%)③神奈川(8,4%)④千葉(7,7%)⑤大阪(5,0%)
この数年急激に伸びている、数少ない野菜の品目のひとつ。元々、東京都江戸川区小松川の特産で、冬場の青物野菜として消費されていた。かぶから改良された葉物野菜とされる。主産地で導入されている品種は、「夏楽天」「楽天」「さおり」「みすぎ」「黒みすぎ」「おそめ」など。
特に関東地方のお雑煮には欠かせない野菜であるが、近年は関西でも消費は伸びている。地方によっては、「うぐいす菜」「冬菜」「雪菜」とも呼ばれている。

取り扱いのポイント

鮮度の見分け方は、緑色が鮮やかで、葉の勢いがよく、大きさが揃っているものがよい。鮮度が低下すると、葉の黄化としおれが進行する。水分の蒸散を防ぐため、有孔フィルム包装で、できるだけ低温に置く。常温では1日が限度、5℃でも4日が限度。

販促ポイント

■調理のポイント
おひたし、和え物、炒めもの、煮びたし、みそ汁の具、炊き込みご飯、スープなど、くせがないので何とでもよく合う。ほうれん草と違ってアクがないので、下ゆでが不要。強火で短時間に炒めあげると、シャキッとした歯ざわりと鮮やかな緑色になる。芯は縦に切ると使いやすい。牛乳とフルーツとこまつなをミキサーにかけて作る青汁もおすすめ。牛乳の脂肪分によって、カロテンの吸収率がアップする。また、牛乳と一緒に摂ることで、カルシウムとリンのバランスがよくなり、カルシウムの吸収率もアップする。
■栄養
骨や歯の材料としてかかせないカルシウムが、100g中170mgと野菜の中でも多い。ビタミンCも100g中39mg、カロテンも100g中3,100µgと豊富に含むので、皮膚や粘膜を健康に保つことが期待れる。その他にも鉄分、食物繊維など。
■POPの例
◎桜エビやジャコと合わせ、更にカルシウム補給
◎カルシウムはなんと、ほうれん草の3倍も!
◎クセがないから、普段からたっぷり食べたい