0592234511

ホーム > 季節の野菜情報 > バターナッツ
バターナッツレシピ②
2016年12月5日
  • カテゴリー:
  • バターナッツ

バターナッツ

バターナッツの丸ごとオーブン焼き

材料
●バターナッツ 1個
●ベーコン 200g
●マッシュルーム 200g
●にんにくのみじん切り 大さじ2
●オリーブオイル 大さじ1
●とろけるチーズ 適量
●塩、こしょう 少々
●パセリみじん切り 大さじ2

作り方

①バターナッツは縦半分に切って種を取り耐熱容器に並べる。ラップをかけて600wの電子レンジで6分程度、柔らかくなるまで加熱する。
②バターナッツの表面をスプーンで少し削り、くぼみを作る。
③フライパンでオリーブオイルを熱し、にんにくを入れて香りが立つまで炒める。一口大に切ったベーコンとマッシュルームを入れて火を通し、塩、こしょうで味付けする。
④バターナッツのくぼみに③を詰め込み、とろけるチーズをのせる。
⑤200℃に温めたオーブンに入れる。チーズが溶けてこんがりと色づくまで15〜20分ほど焼く。
⑥仕上げにパセリを散らす。

バターナッツレシピ①
2016年12月5日
  • カテゴリー:
  • バターナッツ

バターナッツ

バターナッツスープ

材料(4人分)
●バターナッツ 400g
●玉ねぎ 1玉
●水 2カップ
●コンソメ1個
●牛乳(または水) 1/2〜1カップ
●塩、こしょう 少々

作り方

①バターナッツは1㎝角に切る。玉ねぎは皮をむいて薄切りに。
②バターナッツ、玉ねぎ、水、コンソメを鍋に入れて、バターナッツが柔らかくなるまで煮る。
③粗熱をとってから、ミキサーにかける。
④なめらかになったら鍋に戻し、弱火にかけ、牛乳で好みの濃度にのばす。(そのままだとけっこうドロドロです)
⑤温まったら、塩、こしょうで味を調えて完成です。
⑥暑い時期は冷静でも美味しいです。

バターナッツをもっと詳しく
2016年11月3日
  • カテゴリー:
  • バターナッツ

バターナッツ

主な栄養

●カロテノイド
●食物繊維
●ビタミンA・B6・K
●カリウム
●マグネシウム
●マンガン
■バターナッツかぼちゃの栄養効能など
「ビタミンB6」
たんぱく質の分解と合成をサポートし皮膚や粘膜などの健康維持に役立ちます。神経伝達物質の合成にも関係するのでうつ病などの精神的な安定にも効果があります。
主な効用としては
●脂肪肝、動脈硬化などの予防
●神経機能を正常に維持する効果
●成長促進の効果
●精神状態の安定
●アレルギー症状の緩和
●皮膚炎、口内炎などの改善
などがあげられます。
「ビタミンK」
あまり聞かない事も多いビタミンKは脂溶性ビタミンの1つです。春菊、小松菜、ほうれん草などに多く含まれています。血液凝固に関わる働きがあるので「止血ビタミン」の別名を持ちます。
主な効果として
●血液凝固作用
●骨の健康維持
●骨粗しょう症の予防効果
血液と骨の健康維持に密接に関わっています。
「カロテノイド」
特徴は強力な抗酸化作用をもっていることです。体内の老化や病気になったりする活性酸素を除去してくれるので生活習慣病やアンチエイジング効果など様々な症状に効果を発揮してくれます。

効果的な食べ方

■皮は食べられるか
バターナッツかぼちゃは種やワタの部分を取り除けば食べる事ができますが、皮の部分は調理の方向性によってその扱い変わってきます。
バターナッツかぼちゃの皮は薄いのですが結構硬いので、スープやプリンなどといった、ペースト状にして歯ざわりが需要なものは皮を剥いた方がいいと思います。
そのままグラタンや、ソテー、オーブン焼きにする場合は皮をつけたままの方が味が濃縮されて美味しくなります。皮をしっかり利用する場合はオーブンでカリッと焼いて軽く塩・こしょうしていけばおつまみなどにもなります。
一番有効的なレシピはスープにする事だといわれています。
保存方法
皮が硬いといっても、普通のかぼちゃよりも皮の部分がやわらかいためか、いつの間にか傷んでしまうケースがあります。その場合は冷凍保存するのがいいと思います。
①縦半分にカットして種とワタの部分を取り除き皮は剥きます。
②5センチ幅にカットして耐熱容器に入れ、軽くラップをしレンジで加熱してください。
③やりすぎると乾燥してしまうので時間をみつつ少しずつ加熱してください。
④粗熱を冷まして、フリーザーパックなどに詰めて冷凍します。
約1ヶ月ほど保存可能です。
■まとめ
あまり知られていないバターナッツかぼちゃですが、栄養価がとても高く、その甘さからスイーツのどでも注目されています。是非ご自宅でその味を、あじわってほしいです。

バターナッツ
2016年10月17日
  • カテゴリー:
  • バターナッツ

バターナッツ
最近、直売所やデパートでたまに見かけるひょうたん型の変わったかぼちゃ。欧米ではポピュラーなかぼちゃです。
特徴はねっとりとした濃厚な味わい。水分は多いため、煮物などには適していませんが。スープやロースト、デザートなどと相性がいいです。レシピも色々紹介されています。

バターナッツかぼちゃとは

■アメリカで人気のかぼちゃ
バターナッツは南アメリカ大陸が原産とされるもので、アメリカではポピュラーなかぼちゃのひとつ。
近年日本でも人気が高まってきている。
海外から入ってきた品種ではありますが西洋かぼちゃの仲間ではなく、植物分類上は日本かぼちゃと同じ仲間になる。そういわれて見ると、日本のかぼちゃの鶴首かぼちゃと形が似ている。
■バターナッツかぼちゃの形状
果皮は黄褐色から肌色でツヤがありつるつるしている。
形は縦長のヒョウタン形で、下の膨らんだ部分に種が入っている。大きさは500g程度から1kgほどでそれほど大きくはならない。
■家庭菜園でも気軽に作れる
バターナッツは固定種なので、食べた後、取り出した種を翌年蒔くとちゃんとバターナッツが収穫できる。
栽培自体は比較的簡単なので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ちなみに、ゴーヤの緑のカーテンと同じプランターに混植えしてもちゃんと実がなります。

バターナッツかぼちゃ食味の特徴

■下の膨らんだ部分が美味しい
鶴首かぼちゃもそうですが、バターナッツも上の部分には種がなく食べられる部分が多いというメリットがある。ただ、下の膨らんだ種の周りの果肉に比べると上の部分は少し水っぽく感じる。
■ねっとりしていてコクがある
バターナッツと言う名前の由来になっているとおり、このかぼちゃの特徴はナッツのような風味とねっとりとした果肉にある。
繊維質が少なく、ポタージュにするととても滑らかに仕上がる。

バターナッツの食べ方

■主な料理
なんといってもポタージュに向いている。そのほかにも、ソテーやフライにしても美味しい。そういう意味では和食より洋食向きかもしれない。