Gallery news

print/design

Follow me:

定期購入ガイド定期購入ガイド オンラインショップオンラインショップ

  /  コラム   /  ガンにならない生活習慣の提案
スマイルファクトリー・新着コラム

ガンにならない生活習慣の提案

ガンと診断されると一般的には三大療法と言われる、外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の治療が検討されます。
厚生労働省のガイドラインに示された治療方法で、当然のように進められます。万が一、その治療を拒否することは、医師から見放されることを意味しますから、そんな不安な状態を殆どの人は選択しないのではないでしょうか。
しかし、どの治療方法も体に大きな負担になり、免疫力の低下は避けられません。免疫力の回復が、治癒への鍵になってくるというのに、治療によって免疫力の低下が避けられないとしたら、正直なところ、一体何を選んで良いのか分からなくなります。
そんな状態であっても、病院に掛かっている以上、何の疑いもなく三大療法の治療があれよあれよと言っている間に進められていきます。ガンという病気についての、あまりにもの無知さが思わぬ結果を招きかねます。
毎日、約3千人の人がこの病気と診断されて、千人以上の人がガンで亡くなっている現状を思えば、他人事ではなく、いつ誰が罹っても不思議ではない病気だと言っても過言ではないのではないでしょうか。
ガンという病気は生活習慣病の一つに上げられます。毎日の生活の習慣を、ガンにならない習慣に切り替えることができれば、ガンという病気に罹らない、健康な体を維持することが可能になると思います。
ガンに罹らなければ、未知の治療方法で悩むことや、死と向き合う不安な日々を過ごす必要がなくなります。ですから、ガンにならないための生活習慣を身に付けることを強くおススメします。
ガンにならないための生活習慣をいくつかお伝えします。もしかしたら、違和感を覚える方が見えるかも知れませんが、一つのアドバイスとして受け止めて頂ければ幸いです。

①たばこは絶対に吸わない。
②牛乳乳製品の類は摂らない。
③塩素消毒された水道水は直接飲まない(必ず浄水器を通す)。
④薬は極力飲まない。
⑤痛み止め(消炎鎮痛剤)は基本的には飲まない。使わない。
⑥動物性脂肪は多く摂らない。
⑦精製塩は使用しない。
⑧上白糖は(三温糖も)使用しない。
⑨36.5℃の体温を保つ。
⑩運動の習慣を持つ(できれば毎日歩く)。
⑪安全な食材を手に入れ、手料理を作る。
⑫睡眠不足にならない。
⑬過労にならない。
⑭否定的な言葉を使わない。
⑮怒らない。
⑯人を責めない。
⑰人を恨まない。
⑱よく笑う。
etc