Gallery news

print/design

Follow me:

定期購入ガイド定期購入ガイド オンラインショップオンラインショップ

  /    /  6月 (Page 2)

1980年に死亡原因の一位にガンが登場してから右肩上がりで上昇を続け、下がる気配はありません。2017年にガンで亡くなった人は37.3万人でした。1980年から比べると倍以上の推移で増え続け、一日平均1021人になり、毎日全国で1000人以上の人がガンという病気で亡くなっていることになります。 昨日の新聞に、2016年にガンに罹った人は99.5万人だったという厚労省から発表された記事が出ていました。男性は胃ガンが1位、女性は乳ガンが1位になっています。 医療が発達しているようにも伝えられていますが、増え続けている訳ですから医療の面から考えるとガンは難しい病気だということになります。 昨年の二月にある予防医学を推進する医師の講演会に参加した時、その医師が言っていたのは、「医者は病気の専門家であって、健康の専門家ではない」という話しがあり、大学の医学部でも、予防や栄養について学ぶことはほとんどないと言っていたのが印象的でした。 医者が悪いと言っているのではなく、どうやら、医療制度そのものが時代の流れについていけてないように思います。病院へ行くと必ずと言っていいほど、たくさんの薬を頂いて帰る人が主流を占めているように思いますが、できる限り、薬に頼るのではなく、自然治癒力を高めて病気にならない体を作りたいものです。 医療費の高騰が叫ばれる中、超高齢化社会を迎え、益々医療費の負担が大きくなってきています。2017年に支払った医療費は41.5兆円で国民一人当たり約32万円払っていることになります。4人家族だと128万円になります。皆さんのご家庭では昨年医療費をそんなにも使われましたでしょうか。 また、2017年に生まれた赤ちゃん(出生数)は94.6万人で、これまでの最低になっています。少子化が叫ばれて久しいですが、これからの社会を支えていく若い人の数が減少傾向にある中で、医療費がどんどん増えていくのは、財政的にはどう考えても見通しの付かない状態であることには変わりはないと思います。 健康を伝える仕事に従事して27年目を迎えています。その経験から、予防医学を国民全体が考えないと、次世代の子どもたちに大きな負の遺産を残すことになります。どうしたら病気にならないかを家族単位で真剣に考え、実践していくことが今の私たちの課題ではないでしょうか。一人ひとりが健康に対する意識を高く持って実践して行くことで、みんなが笑顔で暮らせる社会が築けたらどんなに素晴らしいことだろうと思います。

私たちはこの世に生まれてくる時に、親を選んで生まれてくると言われています。親を選ぶということは、明確な目的を持ってこの世に生まれて来ていると考えることができます。 その目的を「夢」と表現するならば、私たちは無意識のうちに夢を抱いて生まれてきていることになります。ただ、それがどんな夢なのかが分からないだけで、私たちの潜在意識にはしっかりとその夢が刻まれているということになります。 少し前まで、夢は、欲しいものを手に入れたり、成りたいものを描いたりすることが「夢」だと思っていました。しかし、ある時出合った言葉で、その価値観は一変しました。 その言葉は、「夢とは、個人的な願望ではなく、DNAに刻まれた、悠久で普遍的なもの。」というもので、私たちは何のために生まれ、何のために生きるのかという、私たちの生命の根源を示すような言葉だと感じました。 脳の中央に位置し脳の中の脳と言われる脳幹という組織があります(左の図面)。嗅神経以外の全ての神経を司っているとても大切な存在です。脳幹が機能しなくなることを脳死と言います。大脳はこの脳幹を保護するために脳幹の周りを覆っています。この脳幹に血流がしっかり届いて栄養が送られないとと脳が機能しなくなり、全身の神経が働かなくなります。 脳幹は、中脳、間脳、橋、延髄、小脳から成り立ち、生命の根幹に関わる、神経伝達や、血液循環、体温調節など機能を司っているところでもあり、脳幹は、DNAを継承するところでもあります。 私たちの「夢」もこの脳幹に刻まれ、その夢が親から延々と受け継がれ、子どもたちに延々と受け継がれて行きます。私たちはその「夢」を次の世代に繋ぐバトンを手にして今を生きていることになります。