Gallery news

print/design

Follow me:

定期購入ガイド定期購入ガイド オンラインショップオンラインショップ

  /  blog   /  「セルフメディケーション(自分医療)のススメ」

「セルフメディケーション(自分医療)のススメ」

みんなが笑顔で暮らせるコミュニティー

 

改めて残暑お見舞い申し上げます。と言いたくなるほど、暑い日が延々と続いています。新型コロナウイルスによる侵略で始まった激変の年、2020年も九月長月を迎え、残りあと四か月になって参りました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。未だ収束の道すら見えず、暑い中、口元に汗を感じながらマスクを着用し、袖すり合うのは避けなければいけないと相当の距離を保ち、いつになったらと憂いながら毎日の感染状況の報せに一喜一憂している日々、ワクチンの登場を待っているのが大方の正直なところではないでしょうか。

しかし、それでは今までの、病気になれば病院に行けば良いという人任せの考え方と何ら変わらず、「チャンスはピンチの顔をしてやって来る」と親友の亀ちゃんこと西亀真さん(産業カウンセラー)が言うように、今年を自らが「予防医療に目覚めた年」と位置付け、「コロナ禍がもたらしたセルフメディケーション(自分医療)」として、自らの健康管理を改めて問い直す機会として捉えてみてはいかがでしょうか。

 

「セルフメディケーション(自分医療)のススメ」

 

自分の健康は自分で守るのが基本だということは、誰もが理解していることだと思います。しかし、多くの場合、病気になれば病院に行けば良いと思って、日頃の健康管理を疎かにしていることが多いのではないかと思います。

皆さんはいかがでしょうか。病気になる前には、必ず「未病」という状態の時期があり、体が様々な信号を告げてくれています。しかし、その時に、自分の体としっかり向き合わずに何もせず放っておくと、やがて「病気」という状態に陥ってしまい、慢性的な症状を抱え、入院を余儀なくされ、場合によっては命取りになる場合もあります。

新型コロナウイルスの出現は、私たちに改めて「セルフメディケーション(自分医療)」の大切さを教えてくれるためにやってきたのだと捉えてみてはいかがでしょうか。ワクチンの開発を待って、それに頼るよりも、健康に対する意識を高く持って、日頃の健康管理をしっかりすることで自己免疫力を高く保つことができます。そして、病気にならない健康な体を維持することが可能になります。

新型コロナウイルスの感染を防ぐには、どうやら自己免疫力を高く保つのが良いらしいのです。分かり易く言えば、体温が36.5℃を維持する体質を保つことが大事で、体温が35℃台以下の人は要注意です。

私たちの遺伝子には、私たちの(生物としての)祖先が永い歴史の中で育んできた、生体防御機能という免疫機能が備えられています。それにより、外から侵入する異物に対して、二重にも三重にも体を守る防御機能が備えられているそうです。

免疫力を高く保つには、①食事の内容、②運動の習慣、③休息を取る、④体を温める、⑤心の持ち方、の健康の五原則を理解して実践すること。及び付則として脱化学物質の生活習慣を築くことが、ウイルスなどの異物から身を護り、病気にならない健康な体を作るために大切な要素になります。

コロナ対策がきっかけとなって、生活習慣が変わり、改めて健康でいることの大切さを実感できるようになれば、コロナウイルスの存在も有難い存在に変わり、共存共生ができるようになるかもしれません。

私たちスマイルファクトリーは、無農薬野菜の宅配サービスを通じて、「みんなが笑顔で暮らせるコミュニティー」の創造を目指し、「未来の子どもたちのために。健康と環境を考えよう」をテーマに、健康への意識の高まりや環境保全への取り組みを推進しています。今後も皆様と共に、健康や環境について考え、日々実践して参りたいと考えています。今後とも、ご指導、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

合掌

 

2020年9月1日

㈱スマイルファクトリー

代表 濱地卓司

※このコーナーでは、日頃感じたことやお伝えしたいことなどをお届けさせて頂いています。ご感想、ご意見ご要望などありましたら遠慮なくお申し付け頂きましたら幸いです。